ホーム

独身男性の親介護 | 相談できるパートナーは欲しい!

親の老後の介護、不安・・・


独身のまま、40~50代になってくると、親は、70~80代になります。

まだ、元気なうちは考えないことが多いのですが、寝たきりになり要介護になったり、
痴呆症になってしまった場合、息子が介護するパターンが増えています。

>> 悩みを相談できる女性、居ればなぁ...

独身男性にのしかかる親の介護問題

家制度が根強い時代は、息子の嫁が全面的に世話をしていました。

息子が結婚していて、親元と離れている場合、息子夫婦が引き取る場合はいいのですが、
別居している場合は、物理的に介護するのは難しくなり、施設に入れることになります。

兄弟がいたとしても、その中に身軽な独身者があなただけだった場合、
一気に、介護の役割を押しつけられ兼ねません!

親の介護をしながら、仕事を続けるのはなかなか難しいですから、
長年勤めた仕事を辞めてしまう男性もいます。

その場合、十分な貯金があればいいのですが、
非常勤やアルバイトですと、親の年金だけで暮らしていくパターンになってしまいます!

仕事を辞めた男性の多くは、後悔しているとも聞きます。

悩んで行き詰まり、仕事を辞めてしまう前に、介護相談の専門職である、
ケアマネージャーなどに相談してみることをおすすめします。

相談できるようなパートナーが必要!

独身であるあなたは、現在、介護をしてないかもしれません。

でも、いずれ、やらざるを得ない状況に追い込まれることも考えておかなくてはなりません。

そのときに、籍は入っていてもいなくても、
親身に相談できるパートナーがいるかいないかで、あなたの精神的な負担が変わってきます。

やさしい女性が身近にいれば、介護疲れもリフレッシュすることができます!


たとえ母親でも、女性の気持ちはわかりにくいものです。

介護士さんはプロですが、個人の感情や気持ちまではめんどうを見てくれません。
体のケアを、淡々とこなしてくれるだけです。

そんなときに、親身になってくれる女性がいれば、
男ではなかなか気付かない、女性の気持ち的な部分について
適切なアドバイスをしてくれることも期待できますね。

あきらめないで、積極的に探してみる!

そのためには、結婚するつもりはなくても、
気の合う女性パートナー探しはやってみる価値はあるのではないでしょうか?

結婚は考えてないけど、心休まるパートナーはほしいと考えている女性もいます。
付き合ってみて、双方、その気になったら結婚すればいいだけの話です。

最初からあきらめないで、積極的に探してみることで、
心が通じ合う女性が現れる可能性をつくることができるのです!

>> やさしい女性探し、タダで始められます!

Return to page top